dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

地球的な誕生日

私が地上に降り立った記念日。

f:id:sucre-miel:20170219231518j:image

私と常に伴走してくれている、うぶーちゃんと大好きなところへ。

そして、産み育てて、学びを深めてくれる家族に。
変わらずにある、ある愛の形を見せてくれることに、感謝を。

f:id:sucre-miel:20170219232303j:image

2016年12月つぶつぶまとめ

 


























初めての音

最初の一音を聞いただけで、これを求めていたのだと、ハッとすることがある。

それは意思や頭の判断を超えて、心が魂が一瞬にして奪われて全てが決まる永遠の瞬間。

ライブの一音目、一曲目、その息を吸う一呼吸目にも、その永遠の一瞬が宿っている。

そして、その永遠の一瞬に、それを込められているかどうかが(理路整然とした理由を超えているもの)鍵になる。

何故、心が奪われたのかを、後付で理由を探ることは出来るかもしれない。
でも、もう、認識した瞬間に決まってしまうこともある。

そんなときほど、誰かに説明するのは難しい。
でも理由を探すよりも、ただ聞いていたい、身体を委ねていたい。

運命のように

あなたが運命の人だから愛しているのではない


あなたのことを私が運命のように愛しているだけ

或る女性

或る女性の訃報に悲しんでいる人たちがたくさんいる。

その人が世界に生み出した何かに触れたということは、その人と出会ったに等しいのだろう。

そんなことを、ぼんやり考える。

大切なものが形を変えてしまったとき、とても良いお天気なのは、よかったことなのかな、さみしいことなのかな。

初冬の朝

おしゃれしてくれると嬉しいわ、と朝の食卓で母から言われた言葉に、びっくりして、少し恥ずかしくて、上手く受け取れなかった。

きれいでいること、好きな服を着ることは、誰の為でもなく、間違いなく私の為だ。
でも、私が心から楽しんでいることを見ているだけでも嬉しいわ、と言ってくれる人がいること。
何と幸せで豊かで、満ち足りていることか。
そんな風に喜びに満ち溢れ、自分以外の誰かがいること、誰かと共に人生を送る時の重なること、その輝きの眩しさに煌めきの強さに、少し目を細めてしまう。

誰かを想い歌い綴る人の奏でる音が心に響けば響くほど、そのコントラストに、その強烈な甘やかさに心がそれを強く強く望んでしまうのだ。
でも、いや、だからこそ、いま、身の周りに溢れている淡く穏やかなささやかな甘さにもハッとさせられる。
どんなところにそれを感じ取るかは全て私に委ねられている。
料亭のお味噌汁ではなく、毎朝の食卓に並ぶお味噌汁にふと満ち足りた幸せを感じることもあるように。

私が考えをこねくりまわすよりも、もっと楽に簡単に欲しいものことは受け取れることが出来るのだ。

ふと空を見上げれば晴れやかな初冬の青空は澄み切っている。
少し前に満月だったお月さまは、朝の光に包まれて姿形は変わっていても、その存在は変わらずいてくれる。
奥には冬化粧を施した富士山、その手前には紅葉の鮮やかさをたたえた山々がある。

日日は穏やかな中にも奇跡に満ちている。