読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

ごくごく身体に通す

昔から“水”をこよなく愛している。


さらさらときらきらと流れる水が好き。

海岸や川辺、透き通る水が湛えられている湖が好き。

上から流れ落ちる音、高いところから流れてゆく音、水が跳ねる音、桶に溜まってゆく音、風のような動きが聞こえてくるような音が好き。


水は流れゆく。

現れるときは、どこからともなく空からやってくる。

そして見えなくてもどこにでもいる。


500mlくらいなら一気に身体の中を通したくて飲んでしまう。

2リットルは飲み過ぎとも聞くけれど、日によっては、私は私の中に果てなく水を流し続けたい。

私が飲んだ水たちはイメージの中で細胞ひとつひとつを内側から潤してくれる。


その存在を、なんらかの形であれ、一端であれ、感じるだけでも、私の中が潤っていくのだ。