読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

アイドルって…

いいね!

体感覚で生きていけ!な私。
基本は生を愛しております。
のに、先日ライブシネマなるものに行ってきた話。
しかも映画館自体、久しぶりすぐる上に、ミッドナイトレイトショーという…。
おぅ、ハードル高いぜ…。

日本人に生まれながらジャニーズと言う名のアイドル達には全くハマれなかった学生時代。
何を間違った?のか唯一好きだったのはTAKE THATというイギリスのアイドルグループ。
とは言えカッコイイ!王子さま!ぎゃー!好き!とかでは全くハマれないのが私。
きっかけは曲に惚れたぜ!好き!だったためアイドルグループなのに特定のメンバーが好き!とかはないまま、好き度が淡めなファンだったのでした。
そんなTAKE THATですが、ありがちといえばありがちなパターン、いちメンバーが脱退ののち解散しちゃった。
5人から4人になって来日したコンサートは生を愛するので観に行ったけど、解散のもにょもにょ回収あたりには、あんまり肩入れが出来ず。
(本国イギリスではファンの為に救済電話が設けられたそうな)
でも、それから後も音楽はたまーに聞いていた…ら。
はて?と思い久しぶりに検索してみると再結成していて、本国では全盛期に負けないくらい相変わらずの人気っぷりのよう。

でも情報として、そこまで辿り着いたのはここ最近で。
単純に再結成後の新曲が私の心の琴線に触れる好みの曲だったのが嬉しくて新しい曲もたまに聞いて再結成のことは知っている程度で止まっていたのです。

そしてここ1年くらいで急に興味が湧き、新しい曲を聞きまくって情報を検索したりファンのブログを読んだりしていたら、やっぱり生を愛している私はコンサートなるものに非常に興味が湧くのであります。
が、彼らが活動するのは基本的にヨーロッパ。

身内がヨーロッパにいた頃なら観に行く計画も立ててみたかもしれませぬが何にもなくコンサートのためだけでヨーロッパに行くにはTAKE THAT好き!度がちと足りない。
ちなみに。
もしも、好き!度が足りてれば観に行くのみの選択肢は普通にあるのですが。

ヨーロッパには行けないけど観てみたいな〜と淡く望んでいたところ、なんとライブシネマなるものが上映されるという情報が。
(ファンの人、ごめんなさい!)あんまり日本で盛り上がっているようには見えないのに、ありがたし。
ということで観に行ってきましたライブシネマ。

…ぜえはあ。
前振り、ながっ。

で、冒頭の言葉。
ライブシネマを観て感じたこと。
アイドルって…いいね!
ということ。
あそこまで突き抜けてアイドルグループを全うしている様は、ほんとすごいなあー、と。
観ている人たちをちゃぁーんとキラキラした世界に連れて巻き込めるのは徹底していないと出来ないことだよなああ。
録画であのキラキラ度なら、生の破壊力たるやいかに。
いやー、ええもん見せていただきました。

そう言えば、初めてライブシネマなるものを観たけど、映画館でもあの歓声なんだね…最初に聞いたときはビックリしつつファンって凄いな!と感心してしまった。
その歓声な世界までは辿り着けなかったけど、ワンダーランドには行って帰ってきた感は味わえました。