読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

生れ出る前の

今は、殻が破ける前で
固体化されてないかも
そんな状態のままで、
誰かに会うのは辛いな
と、いうことで、今は
また新しく世界に出る
前の段階で、ぐるぐる
たぶん、このぐるぐる
端折ることは出来ない

私にとっては嫌だけど
大切なぐるぐる期で、
こういうときに無理に
外に飛び出して、人に
暖めてもらおうとする
のは向かない時期でさ
自分で自分を満たす。

でも何をしたらいいの
それは人には聞けない
自分で自分を満たす、
どうしたらどうすれば
自分が満たされるのか
そのことを知っている
かどうかが鍵なので、

あまり過去の経験則は
役に立たないなあと、
溜息つきながら、私は
いま、ここに、いる、
わたし、なにを、求め
なにが私を満たすのか
探しながらひたすらに
生きているんだ、今。

こういう時は来なくて
済むなら、来ない方が
嬉しいけれど、時折、
来てくれないと、初め
戸惑ってしまうんだ。
いつも、来るたびに。

今回も久しぶりだし、
こんな時をこんな時は
と積極的に受け入れて
過ごすのは初めてかも

あんなに大好きなもの
それもワクワクしない
そんなときもあるよと
誰に言われるでもなく
自分で自分に言うのだ
この変化は、まだまだ
自意識の私にとっては
好ましい形ではない、
けれど、宇宙の采配に
まるっと託したことを
楽しみに信じて待とう

何かの行動だけでなく
どんな気持ち、感情で
その行動を起こしたか
それが連動して起きる
それこそがお任せだと
宇宙を信頼していると
最前が起こるのだろう

いまはまだ実験中だ。
そして、このことは、
誰かがくれるものは、
あくまでヒントなのだ
それを委ねるにしても
委ねることを選択した
自分を、自分が選んだ
そのことに責任を持つ

それまで含めて、私は
実験を続けていこう。

いまから台所へ行き、
温かいお茶を飲むから
そのお茶はどのお茶が
一番ワクワクするのか
飲まなきゃ、ではなく
飲みたい!お茶を飲む

そういう小さな小さな
ひとつひとつを選んで
慣れて増やして拡げて
実験を続けていこう。