読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

ありがとありがとありがとー!

引き続き、雨の降りしきる秋分点を超えた今日。
天赦日で一粒万倍日だし、何だか主張も感じるし、ってことで寒川神社に参拝へ。

もちろん、いつだってどんなときだって神さまは力を貸してくださる。
けど、ささやかでも私が出来ることとして、出来るときは良き日にも参拝すること。

あと、最近何となくアクセサリーとか、手を使って作ることに強烈に惹かれる気持ちが漂う。
数秘術も気になる気になる気になる。
改めて勉強したいブームが来ている。
しかも、久しぶりにちょこちょこ頼まれて人のを調べるときに紙に手で書いていると浮かび上がる、その人ならではの風景がある。
これも《手》が関係している。
マヤ暦のkinには青い手が入っていて、だから多分アナログ的に手を使うことが向いてるんだろうな。

向かう前に考えていたお願いごとは、数秘術のワークショップに出るかどうか、交渉なしで待遇が良くなること、今の仕事と並行して出来る魂が喜ぶ働くこと、について。

寒川神社について、手水舎に着くと昭和天皇の和歌《あめつちの神にぞ祈る朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を》が書かれていた。
嬉しいし、感慨深いなあ。
f:id:sucre-miel:20160923190646j:image
ここにもいらっしゃい!感が満ち満ち。
待遇の件は早々にオッケー!を貰ったので10月を楽しみに待ってよーっと。

とか何とか寒川神社で参拝していると何だか鶴岡八幡宮の方にも、魂がさわさわしてきた。
とりあえず何かは分からないけど電車を乗り継ぎ向かってみることに。
その途中で、ふと戸塚のことと宇佐八幡宮のことを鶴岡八幡宮でお願いしていたことを思い出す。
両方ともに願い通りに叶ったのであった。
そのお礼に行かねば!ってことだったのねー。
納得なっとく。

鶴岡八幡宮は、いつ参拝しても人がわさわさしてるんだけど、こうなると逆に雨が恵みのよう。
たくさんの人が行き交っていてる境内が雨で爽やかさを保っている。
ゆっくりお礼を伝えることが出来て嬉しい。

ここでは御神籤に願いを託すぜ…ヘイ!って勢い良く結果を見てみると思っていたカテゴリーが無いっていう…泣。
そもそも、もうOKが前提っていうこと?とか一番近そうなカテゴリーで【勉強が必要】って言われているからOKってこと?など混乱。

ひゅっ!と決めたら、そのあとにオッケー!オッケー!なお知らせが。
後押しをありがとーう、神さま方。

場所も、豊かさが本質のところでお知らせしてくれたから、こりゃやっぱり何か数秘術にはあるのかもしれないなあ。


f:id:sucre-miel:20160923190515j:image
鶴岡八幡宮から見えた夕暮れと夜の間。