読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

あたーらしーいあーさがきた(前篇)

《新しい朝が来た、希望の朝だ。》

振り返ると久しぶりのブログ。
さて何から書き始めようかと思った途端に頭の中に流れたのが冒頭のフレーズ。
なるほど。
1111は次の流れの始まりだと各所で言われている中で、私にとっても新しい流れの始まりなんだな。

土星が獅子座の私は自己表現に対して何やらテーマがあるらしい、と言うか自分にとっては普通だったから、そんなものでは?と思っていたフシがある。
だから、勝手に自分の気持ちを他者に伝えることに対してハードルが高いのであった。
でも、どんなことを綴ろうと私の勝手で良いのだ。
別に押し付けてるわけじゃなし。

あるブログによれば、新しい始まりにあたる今日は時空を超えて、次のステージへ進むための準備が動き出す日なんだそう。
それを読んで、やっぱり神社に行きたいなあと思い昨日からずーっと考えていた。
何処に行けば良いのかなあ、と。
もちろん、好きなところ行きたいところに行くのだけれど、神社が大好きな私にとっては、気になるところが何箇所もあるうえに、ものすごーーーーーーーーく産土神社らぶ!な人なので、何にもぼーっとしてれば何はなくとも産土神社な人なのだ。

けれど考える、というのとは違う意味で、産土神社ではないところに参拝する感じが頭から離れなかった。
のでキーワードを探るようにお知らせを探っていた。

浅草の鷲神社で行われる酉の市が気になる感じがありつつも、浅草に全くピンと来ず。
住んでいるところの一宮か総社かなー、と思っても何となく違うような。
総社っぽい雰囲気はありつつも、住んでいるところの感じではない。

でも何となーく、一宮と江島神社にでも行こうかなあー、と思っていたら、ふと2014年に初めて神縁ツアーで訪れた大國魂神社が浮かんできた。
しかも、その時も11月11日に参拝していて同じ日付ということにも縁を感じたのだった。
しかも、ああ、なんかそこかもしれぬ…と言うぼんやりとしつつも流れを感じて参拝することに。


後篇に続く!