読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

気づきの遊び

ここ数ヶ月ぐるぐると抱き続けた違和感たちよ。
あの、気持ち悪さ。

もー、なんでこんなにぐるぐるしなきゃいけないんだよー!といろいろと心の中で爆発していたこと。

ぐるぐるしている、ということは自分の中の何かと感応している、ということ。

…そんなこと、分かっとるんじゃ!でも、そのどの部分に感応しているのか、全く分からん。
例えるなら細い糸がぐっちゃぐちゃに絡みまくっていて、ぜーんぜん解けない。
むしろ無理やり解こうとすると余計に絡みまくる。

と、まあ、ぐるんぐるんだった。
(だった?ぐるんぐるんがくるくるくらい?かも)
9月中旬くらいからだから、約3ヶ月ほどか…長いな、しかし。

と、まあ、心も身体もくたくたになってマイナスにしか感じれなかったことを、ずーっと深掘りしまくったら金脈に繋がっていた。

急にもやもやしていたことを表現してくれるものに、めちゃんこ出会うわ、なんかぱっかんするわ…忘れぬうちに、いろいろ書き起こしていきたい。

まあ、ね。
もちろん、この学んだ!ふわっ!って、なってもまたまた別の学びがやってくるから永遠の真実じゃないんだけどさっ笑
…んー、永遠のスッキリぱっかん!じゃないんだけどさ。

ま、それすら、この宇宙における意識の遊びだよね!
そういう観点で言ったら、わたし、めっちゃ楽しんでるし遊びまくってるなー、というか遊びしかしてないのか…おおう。

でもさ、神さま、おんなじ遊びなら、もうちっと楽しくて私事でぐるぐる遊びたいなっ!
人の恋沙汰で遊んで学ぶて!
どんだけ笑
…ま、人間関係というカテゴリーにはなるか。

とにかく。
上っ面の幸せとか
わっかりやすーい自意識を満たすだけの自由とか
そういうものが、もう、薄っぺらくて、歯ごたえなさすぎて、ぜんぜん旨味を感じれないから、もう違う問題集に取り掛かりたいのよ!って感じでしょうか。

そういうところで遊びたい人も良し!
それは人それぞれだし。
いろんな問題集を、いろんな人が、いろんなレベルで、解く、っていう宇宙の遊びなんだよね。

で、私が遊びたいところは、そこじゃないんだなー、ってことが分かった。

世界にいなくて、寂しいだあ?
そーんなの関係ないね!
あのね、世界にはいるし、いないの。
いるけど、いない世界を、あなたが見たいだけなの。
あるけど、ない世界を見たいだけとも言えるね!
…んん、見たい形をしていないから見えない、としたい、って感じかな。
はたまた、私が知っているライオンじゃないから、この目の前にいるライオンはライオンじゃない!って感じかね。

って云う、気づきの遊びが楽しい!
そして書きたいことが溢れ出るって楽しすぐる!
しかも加工なし脳内ダダ漏れな記事な楽なことよ。

《自分の思う望む願う形じゃないから》というのは、本当に魂が望む宝物を見逃すよね、という自戒を込めて。

にしても人のなんやらかんやらに口出しって意味のないことをしちゃうよねー。
自分ごとで本音を出すことは大切だと思うけど。
まあ、相手に良いことしたったるでー、って意識でやることの無意味さよ…。
ならば、私は黙々と自分に良いことをして生きよーっと。

私は成長したい。
たとえそれが宇宙における気づきの遊びのひとつの形だとしても。
私は成長したい。
んですよー、龍神さま!

だから同じボードゲーム盤上にいない人とは、もう遊べないんだよね、寂しいけど。
私の身体はひとつしかなくて、今回の私の魂は成長ボードゲームを選んだから。

そして、まだまだ上がりじゃないので楽しい遊びは続いてゆくのです。