dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

わたしという名の王国

フィギュアスケートという名の王国では、羽生結弦という皇帝が帰還して多くの人々を魅了し続けている。
もちろん御多分に漏れず、私もその一人。
帰還の狼煙が上がった日は、奇しくも新月の日であり旧暦の元日、という皇帝の帰還にとって、これ以上にない相応しいエネルギーに満ちた日。
そして皇帝のエネルギーと同等のエネルギーを発しているものが金メダルだった。
やはり、エネルギーとエネルギーの呼応がテーマの時代になったんだなあ。
ますます他者は関係なく、どれだけ自分が自分のエネルギーを整え発しているかが、そのまま自分の世界に生まれてくる。

そんな流れや、旧暦における三が日を経て、今日はわたしがこの地球という星にやってきたマイルストーンの日。
今日までの流れの中で自分なりに感じている【人はみな、生まれながら、それぞれの王国の国王である】ということ。

どんな人も、どんな出来事も、どんな状況も、どこかにまごうことなき正解や真実があるのではなく、全てがわたしという王国における一種の登場人物であり、国の歴史であり、どんな政策でその事柄と向き合っているか、というだけ。

自分をなくす、個に捕らわれない、ということと、常に外側に答えや正しさがある、ということは別の次元における話だった。

いろんな次元の話や、さまざまな視点の見え方が混在しすぎて、こんがらがりがちだけど。
そして、また、わたしがいる場所によっても、変わってゆくことを分かった上で、あえて、いま、ここに記すこと。

それが【人はみな、それぞれの王国における国王である】ということ。
それぞれの宇宙に生きている、ということでもある。
実は同じ宇宙には生きていない。
あくまでも画面を通して、ニュースのように互いを見ているだけなのだ。

だからこそ、より強く此処に旗を掲げて、わたしはわたしの王国を生きる。
お誕生日はそれぞれの国における建国記念日
2月19日はわたしという名の王国における建国記念日

建国記念日の前日に国を平定した神さま方の神社に参拝したことに感謝を。
あ、国王だからこそ、他の王国の国王は敬います。
敬うって上にあげるとか下にさげるとかとは違うんだねえ。
敬うって、対等な同士だからこそできること。
そもそも態度だけを上にあげときゃー下にさがっときゃー敬ってる、っていうこと自体が失礼かも。
って、これもまたわたしという名の王国のものであって、他の王国が採択してなくても全然オッケーなのだ。
違う政策を生きる人々がいてくれないとね、王国の特色が出せなくなっちゃうし。

まさしく建国記念日に向けて、自らのエネルギーと呼応するエネルギーに触れることができたこと、そしてどんな王国にしていきたいかのデータを集めることができて良かったな。

まだまだ、これから。
これから、面白くなる。
なぜいま地球に生まれてきたのかを濃厚に味わいながら身体と心と魂と共に生きていく。

鏡開きは宇宙開き

2018.01.11.thu.


朝、目が覚めて
今日もあることにありがとうの朝
 
最初は、どこかの神社で11:11を迎えようかと思ったけど
深夜の1:11にも寝落ちしてた、し
 
もしかして、眠っている方が宇宙と繋がりやすいかもしれぬ、と
ぐーぐー眠って起きた、ら
11:14
そんな朝
 
鏡開きのお餅を焼いてぜんざいを食べた
 
昨日の雨のパレードLIVEセトリが極私的にツボで、やっぱりええなあ、と嬉しかった、し
ここ数日の脳内ぐるぐるしつつも、世界の優しさにも触れたLIVEだった
実は観に行く前に、このLIVEによっては、しょんぼりしてしまうかも?と思ってた、のにね
coverも良かった、し
 
半歩先にいる友達が肩を組んで歩いてくれているような、
少し先の未来を生きるもう一人の自分から声をかけられているような、
 
いつも、私が彼らの音楽を聴いて感じること
それは、他者がいるようで、他者に理解されたがっているようで、他者を励ますようで、
その実、全て本当に寄り添ってほしい自分に向けて奏でられているよう
 
他者に理解されたい、のではなく
私が私を理解したくて
他者から愛されたい、のでななく
私が私を愛したいのだ
 
そんなことを感じるのだ
どこかのだれかに向けて
ではなく
いま、ここにいる私に向けて
音楽が奏でられているんだと
 
 
歌詞…飛んでたのを聞くと、逆に安心するのは、本当に、いま歌っていることが分かるから笑
当のご本人たちは、完璧なshowを見せたかったかもだけど
その時、最善を尽くしたときに起きることは、最善なことが起きている、ということ
 
 
「本気で宇宙に開くために、いま出来事が起きているとしたら?」
 
#0001
#千回開行
#リスタート
 

0043:なんの為に

久しぶりにブログ。
千日回開行を始めて、えっちらおっちら低空飛行を続けていたブログ。

1000日ブログの記事を読んで
1000日続けるって、スゴイ!
できないような気がするけど
(↑スタートからへっぴり)
でも、なんか、ちょっと…気になる!

やるだけやってみよう、失敗しても良いじゃないかー。
と始めてみた…ものの、毎日1記事、というのはすごく気分が乗るときと乗らないときの差もあって、難しかった。

何気にええかっこしいな私は、出来れば(自分の思う感じる)理想の記事を上げたかった。
でも、そんなええかっこしいを横に置いてお休み記事とかを総動員してみても、えっちらおっちらは変わらず。

ならば、間が空いても。
逆に一日にぎゅぎゅっと詰まってても。
何でもありありで、ええじゃないか。

ただ観測ということでナンバリングは続けながら、1000記事を書き綴るということ、その過程で瞬間瞬間に感じること、それを記す場として自分なりに続けていこう。

0042:データ、もーらい!

只今、スイートルームのデータ収集ちう笑。

そして、伊勢神宮の後に起きた変化。
すごくささやかだけど、そういうのを感じて喜んで行こー!
ということで、来年は行くのが楽しみになる歯医者に出会って治って、るんるんで過ごしていますように♪
ちなみに2018年しいたけ占い上半期にも感謝を。

文章を読んで感じたり受け止めたりする気持ちが変わるって、それ、望んでお願いしたことだー!
神さま方、ありがとう〜!

0041:12月が去りゆく速度

ほんとに駆け巡るほどに、びゅん!と12月が駆け抜けてゆきます。

f:id:sucre-miel:20171213002922j:image

飾られた綺麗な景色も
普段ふとした瞬間に見える綺麗な景色も
どちらも、私の心が綺麗を見出して感じられるから味わえる

あっという間に去りゆく速度の中でも
見つけて感じ取る時間と共に、日々を重ねていきたい。

0040:寝る眠る

ひたすらに。


ということで御神気を馴染ませちうにつき、今日もお休み。


0039:ラブだぜ、ラブ。

安定の面白さに満ちた神旅®︎からの帰り道。

呼応するように自然と涙がこぼれてくるほど心を震わされる幸せよ。

響き合う素晴らしさ。
目には見えぬ震動が心を揺らすことの奥深さ。
(書きながらHARCOの「響き合うぼくらの呼び声」がふと思い出される。ほんとにふとだわ、最近、全然聞いてなかったのに〜、面白さ)

ある、ということを知らないだけで見えていないこと。
その可能性の深淵さよ。
まだまだまだまだまだまだ宝物を掘り起こせる土地があり、深さがあるということ、その光。

しみじみの振り返りは後ほど綴る予定として(…って日々の過ぎ去りし早さの恐るべし。佐賀徒然も書き終えてないといふ…ね)

日の出のパワー溢れる二見興玉神社も良かったなあ。
夫婦岩夏至の時期は太陽が、冬至の時期は月が昇るとのこと。
陰陽、その両方があること。

愛だね、愛。