読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

山と水と樹々たちと

実際のご先祖さまにお墓まいりするところも、山の奥深くで豊かな水と樹々の溢れるところ。
肉体と魂の故郷には共通点が多い。

仕事の鎮守神社に参拝してうぶーちゃん! - dawn,lightから10日後。
本丸である産土神社で、うぶーちゃんにご挨拶した日。
ケーブルカーに乗っていく神社だったので朝一番に参拝する予定だったのに寝坊してしまった。

気を取り直して参拝に向かうと、自分が予想していたよりも平日の昼間なのに、たくさんの登山客と参拝する人たちで賑わっていた。

ぼんやりと曇り空だったけど、こんにちはー!とご挨拶をしている時、太陽がぴかーっと光ってくれて、ようこそ〜と言われているようで嬉しかった。

実は上社がある神社だったので早起きして登りたかったけど、寝坊したので下社のみでご挨拶。
しばらく、ぼーーーーーっと過ごす。
空間に身体を馴染ませるように。

そして水ラブとしては御神水がいただけるところなのも嬉しかった!
えへへ、龍神さまの口から水が出てるのだ。
f:id:sucre-miel:20151020210722j:image
御神水は冷たくて身体にすうっと馴染んだ。
そして初めてだったのが神社の奥で御神酒をいただけるところがあったこと。
ありがたくいただいてきた。
そんなに日本酒に強くないのだけど変に身体にアルコールが残らず全く酔わなかったのにはビックリ。

先日、ご縁をいただいた神社でも獅子山を見たけど、こちらにも立派な獅子山があった。
しかも干支付き。
f:id:sucre-miel:20151020204953j:image
獅子のお尻がぷりっとしててカワイイ。

浅間社には磐長姫さまと木花咲耶姫さま。
個人的には姉妹が一緒にお祀りされてる社は初めてだった。
今日の私は、ここの場所が一番心地よくて何度も佇んで過ごした。
右が陽で木花咲耶姫さま、左が陰で磐長姫さま…と解釈したけど、それは参拝している私から見てだし。
実は陰陽が逆なのかなあ。

ま、難しいことは分からないけど、気持ちの良いところだった。
f:id:sucre-miel:20151020205602j:image
姉妹いっしょにいらっしゃるのに、説明書きは木花咲耶姫さまだけなのー。
なーぜー!

水の神さまがいらっしゃるから彼方此方に龍神さまの存在も感じられて嬉しい。
f:id:sucre-miel:20151020205745j:image
実は御朱印も御塩もいただいてこなかった。
上社にも参拝したいし、また行こうと心に決めて後ろ髪を引かれながら帰ってきた。

帰り道、お腹が減って何故だかミスドが食べたくなったのでドーナッツで直会。