読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dawn,light

「光といふことを」人めには/みえぬものから/かがやくは/こころの底の/光なりけり

渡ったから

分かることがあるんだろう。


さてさてさて。
神旅の巻き巻き巻き、第3巻。
第1巻
第2巻

日光の場に合った参拝ルートを巡りながら、前回お地蔵さんとご縁を繋いだ輪王寺に到着。
ここまで歩いているときも風景や景色がまるっと全部で味わうのが楽しい。
輪王寺の境内で湧き出てる水の水量が豊富できれいだった。
(飲めるのかは不明)

その後、東照宮を参拝するならポイントを教えてもらってから自由散策の時間に。
この時は閉まってて入れなかったので、前回参拝した時を思い出しながらイメージでご挨拶。

ならば、と二荒山神社を満喫することに。
たくさんの御神木を前にほえほえしたり五種の樹木が共存してるさまとかをぼうっと眺めたりする時間が取れて良かったなあ。

しかも雪のおかげで、更に更に空気が澄み澄みきっていて身体全部が深呼吸できて、とても気持ち良い。
「こ、こりは!ご飯お代わり何杯でも出来るやーつ!」ほえほえと満喫しまくり。
(バスに戻るのが一番遅かった…)

神社にまるっと全てを浸しながらワクワクする楽しい話がたっぷり聞けるなんて、ほんと大好物しかない。


グループで泊まった部屋に書いてあった言葉。
f:id:sucre-miel:20160320200716j:image
続くんだね!嬉しいな!
ユーミンの歌じゃないけど、目に映る全てのものがメッセージ。

本当は普段の生活でも同じくらいたくさんのメッセージを神さま方は届けてくれているんだと思う。
優しめ練習問題集とかも。

でも説明文が多かったり、自分の実力に合ったドリルじゃないから、ただ解いているだけに必死になっちゃって楽しくないんだよね。

それが神旅の場合は自分にとって必要なものが載っているシンプルで解いていて楽しいドリルだったり、クリアに世界と向き合えるからメッセージも受け取りやすいのかも。
これを日常にも少しづつでも反映していきたいな。

にしても、個人的にはお願いごとの刷新がかなり難しい。
そもそも、私は何をお願いしたいんだろうか?と考えて決められないうちに、うとうと夜が更けていった。

神さま方とのご縁つなぎ旅は続く。